タバコの煙を吐き出す男性

ニュース

ペルソナ「その男、スモークガイ」

ペルソナはマーケティングで使われる言葉です。本サイトで攻撃しているヤニカスのことをわかりやすくイメージしてもらうために作成しました。こんな人あなたの周りにもいませんか?

昔ナイスガイ!今スモークガイ(害)!

タバコの煙を吐き出す男性

広告代理店営業職。都内大学卒業。20代はイケメン・スタイリッシュな風貌でナイスガイと呼ばれていた。

多忙な業界のため夜遅くまで働いている。クライアントとの会食も多く、仕事のストレスも加わってお酒の量も増しまし。入社時に比べると体重は30キロも増えてしまった。ダイエットしたいが、ヤニカスゆえの意志の弱さが影響してムリ。

社会人になってからはじめたタバコは一度も手放せず現在に至る。最近はさすがに健康を考え電子タバコに興味があるが、なかなか踏み切れない。

クライアント社の喫煙ルームでヤニカスのお客様と一服することが最高のコミュニケーションだと信じている。ちなみに奥さんもヤニカス。

スモークガイはこんな人

名前 二戸 中男(にこ なかお)
性別 男性
年齢 45歳
住まい 杉並区の賃貸マンション
職業 広告代理店営業部長
家族構成 同年齢の会社員の妻
世帯年収 1600万円
趣味 ゴルフ、接待ゴルフを含めると月5回以上ラウンドする
1か月間に自分が
自由に使える金額
10万円
背伸びすれば
使えるお金
30万円
大きな買い物の
最終決定権者
妻と二人で協議するが多くは妻に軍配
買い物をするときの
決め手
どちらかといえばブランドより機能性を重視するが、衝動的にブランド品に飛びつくこともアリ
お金に関する価値観 将来に備えなるだけ貯金したいと思っているが実行できない。ヤニカスゆえの意志の弱さが影響か
時間に関する価値観 どちらかといえば決められた時間を守る方が好き
影響を受ける人 勤務先の社長ですと言いふらしている
情報の収集元 テレビとヤフーニュース程度
どんな快楽を
得たいのか
ニコチンがカラダにまわってくるひと時が最高
どんな苦痛から
逃れたいのか
タバコを吸えないこと、勤務先社長とのコーヒータイム
ビールやタバコのイメージ

これからどうする?

タバコをやめるつもりはない(キッパリ)

-ニュース

© 2021 禁煙リンク